分別の意識は大切

http://www.city.urayasu.chiba.jp/dd.aspx?menuid=212247都道府県の各地域において、不用品回収というサービスを設けているかと思います。
手軽に利用が出来ますし、民間業者よりも安上がりだという点がありますので多くの方が利用され居るでしょう。
より効率的に自治体サービスを利用したい。
そのような場合、やはり大切になってくるのが「分別」かと思います。
不用品回収の該当品目については、自治体によって差が出てくるかと思います。
そして同じ品目であっても「大きさ」によって回収方法が異なってくるというケースもあるのです。
例えばストーブや加湿器・空気清浄機など。
これら品目は大きさも様々。
持ち運びが出来るような小さなものも沢山ありますよね。
大きなゴミ袋に入る大きさであれば不燃ゴミとして処理が出来るという地域もあるのです。
詳細な大きさが提示されている場合もあるでしょう。
ゴミ袋の代金はかかるとしても、回収依頼をするよりも安上がりでより手軽だという事もありますから分別をして上手に処理をしましょう。
同様に組み立て式の家具に関しても「ばらした状態」でゴミ袋に治まれば一般ゴミとして回収してもらえるケースもあります。
また、バギーやベビーカーなど袋には入らないけれど不燃ゴミとして扱っている地域も多いようです。
この場合「一番大きなサイズのゴミ袋」を本体に巻きつける形で回収してもらえるなどという地域もあるようです。
出し方の詳細においては地域ごとによって違いが出てくるかと思いますので、不用品回収東京都の広報誌や小冊子、不用品回収会社のホームページなどを確認しておくと良いでしょう。
また、回収を依頼したいという場合に置いても同じ品目でも大きさ・重量の差で料金にも差が生じるという事もあります。
電話で申し込みを行う際に、大きさの詳細を伝えることで価格が決まりますのでしっかりと採寸をしてから電話を入れるようにしてください。
「ほんの少しの大きさの違いなのに」
「たいした重量差ではないのに」と思う方も多いようですが、住民全ての方の平等というものを考えてのサービス提供となっていますので特例や融通などという事はありません。
どのような地域に置いても、大きさ・重量関係なく回収や一般ゴミとして出すことが出来ないのが「化電離与サイクル法」に制定されている品目。
こちらに関しては法律にのっとった形での回収が必要となりますので該当品目であるかどうか確認を取り、処分を行うようにしてください。
分別はいかなる場合に置いても大切になってきますので、普段の生活から「分ける」という意識を持っておくと良いでしょう。

新着情報

◆2016/12/05
分別の意識は大切の情報を更新しました。
◆2016/04/14
大型粗大ゴミについての情報を更新しました。
◆2015/07/29
ゴミ屋敷を綺麗にしたいの情報を更新しました。
◆2015/07/29
利用をする上で気になることの情報を更新しました。
◆2015/07/24
申し込みや確認についての情報を更新しました。